大槌町の菜の花畑を見に行きました


そのプロジェクトの名前は「菜の花プロジェクト」といいます。
以下の動画が、本に収録した菜の花プロジェクトに関する話のスライドショウです。

大槌町出身在住の金山さんが、瓦礫だらけの河川敷を、菜の花畑に変えようと
孤軍奮闘している所から話は始まります。
彼の陽気さゆえか、賛同者が続々と集まり、「菜の花プロジェクト」が誕生しました。
地元の人のみならず、全国からボランティアが集まり、河川敷の瓦礫撤去にあたりました。
とうとう河川敷が綺麗になり、皆で菜の花の種をうえたところで本の中のこの物語はいったん終わっています。
勿論、実際の大槌町では、そのあとも「菜の花プロジェクト」は続いており、芽がでて、
畑を整え、度々襲う嵐を乗り越えてきました。

そして、つい先週、大槌町の菜の花が満開になったという報せを受けました。








================================================================
この投稿でも言及しましたが、
震災の被害にあった人々の個々人の物語
に焦点を当てた短編9つが収録された本が
扶桑社から出版されています。
「いつか、菜の花畑で」
印税は全額東北大震災の被災地支援活動に寄付されます。
(初版分の印税寄付は完了しております。報告については、2012年4月21日の更新をご覧下さい)
=================================================================
【日本語版書籍情報】
アマゾンページ

サンプルマンガ2つ
http://misukoso.com/?p=477
http://misukoso.com/?p=563
=================================================================
【英語版電子書籍情報】
Kindle store page(kindleデバイスが無くともPCやiPadなどで閲覧可能です)
http://amzn.to/xvulX3
Facebook page(サンプルマンガ2本と、基本情報が掲載されています)
http://on.fb.me/A2SGTO

コメントをどうぞ