菜の花本が電子書籍化されました

震災から2年の節目に、菜の花本が電子書籍化されることとなりました。

http://www.amazon.co.jp/E-ebook/dp/B00BP1YD24/

東京に住む私が出来る精一杯が、「忘れないようにすること」。

その願いをシェアしたいと、1年半前に出版した本です。

数日前、扶桑社から電子書籍化の報せを聞いた時に、菜の花本にでてきた登場人物の

その後にあたるマンガを仕上げてしまおうかと作成途中のデータを開いた途端、

絵を描く手がとまってしまいました。

この2年間で見聞きした情報、訪れた大槌町の空気、風景、そこで出会った人の

言葉がどっと頭の中に押し寄せてきてしまったのです。

そういえば、菜の花本を執筆していた時も、このような感情の波と対峙しながら

の毎日でした。

登場人物の思いや感情の動きを自分自身が追体験しないと書けない、これは

資格試験の受験勉強をしている今の自分には大きな負担です。

結局描こうと思っていたマンガを完成させることなくペンを置いてしまいました。

自分は今自分がやるべきことに集中して、

「忘れないようにする」ための活動は、暫くの間、菜の花本や、英語版、そして電子書籍に託します。

描こうと思っていたマンガの一コマです。これを早くブログに掲載できるように、

8月の試験までの間、勉強に集中します。

コメントをどうぞ